「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

ホワイトデーはお返しにも意味がある?オススメはこちら

 
ホワイトデー ホワイトローズ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

3月14日といえばホワイトデー。
1カ月前のバレンタインデーにもらったチョコレートやプレゼントのお返しを贈る日ですね。

女子にとっては期待と不安でドキドキする日なのですが、頂いた側にとっては商品選びに頭を悩ます日だと思います。
定番のマシュマロやクッキーが無難だと思いがちですが、実は商品によっては「意味がある」ことをご存じでしたか?

そんなの気にしないよーと言われればそれまでですが、一応意味を知っておくと後々厄介なことにならないで済みますよ。
ではご紹介していきますね。。

 

【スポンサーリンク】

 

ホワイトデーっていつから始まったの?

ホワイトデー 香水瓶

ホワイトデーとは、実は贈り物に対するお返しをするという日本の文化が産んだ行事なのです。

バレンタインデーは、3世紀頃、許されない結婚式を行った司祭が殉死した日が起源だとされていますが、司祭殉死後、その結婚式をあげた2人が改めて永遠の愛を誓ったのが1か月後。

つまり3月14日が特別な日として認定されていたわけですね。

所説は色々とありますがバレンタインデーが世の中に浸透していた頃、老舗菓子屋が3月14日にマシュマロを贈りませんかと広告を出したのが始まりだといわれています。

そうなると他の菓子業界も黙ってはいません。
うちはクッキーだ!キャンディーだと宣伝を始め、1980年には全国飴菓子工業協同組合が、3月14日はお返しを贈るホワイトデーとして名づけたそうです。

意外にもホワイトデーの歴史は浅いのですね、ビックリです。

 

知っておくと便利!ホワイトデーお返しの意味とオススメ

マシュマロ

「あなたをマシュマロのような純潔な愛で包みます」というホワイトデーの始まりともなったマシュマロですが、現在では「あなたのことが嫌い」だという意味があるのです。(マシュマロ屋さんが怒るよ、きっと!)
いや、マシュマロ美味しいのですけどね。

 

クッキー

義理チョコのお返しとしても非常に手軽で便利なクッキー。
その意味もずばり「あなたは友達」。職場や気軽な友人達からもらった場合のお返しは、これでOKですね。

 

キャンディー

口の中でいつまでも残っている甘いキャンディー。
お返しとしてもらってパッケージを開けた瞬間「なぁんだ!」とガッカリした女性の方はいませんか?
実は「あなたが大好き」だという意味があるのですよ。
また「キャンディーでいいか」と適当にお返しを選んだ男性方、気をつけないと意味を知っている女性に誤解されてしまいますからご注意下さい。

 

ハンカチ

女性は誰もが使うもの。だからこそハズレなし!…なのですが、意味は「別れ」。
好みもありますしね。
デザインは可愛いけど、全然水分を吸い取ってくれないという場合もありますし。

 

【スポンサーリンク】

 

ホワイトデーお返し:他にもあるオススメ

ホワイトデー マカロン

マカロン

見た目がコロンと可愛らしく、人気急上昇のマカロン。女性の笑顔が見たい方はこちら。

 

アクセサリー

相手の好みがわかっていれば良いのですが、わからない場合は一緒に買いに行く方が無難ですね。
でも形に残るものは嬉しいものです。

 

アロマ・バスグッズ

相手にリラックスしてもらいたいのならばこちらがオススメ。身体のことを考えてくれているなあと嬉しくなりますね。

 

いかがでしたでしょうか。いずれにしても大事なのは「心」です。義理チョコのお返しならばそこまで「心」はいらないかもしれませんが、女性が一生懸命選んでくれたものに対するお返しは、やはり心を込めて選んであげたいですね。
女性の方も、「あなたからもらったものだから何でも嬉しい!」という広い「心」を持ってくれますように!

 

女性がもらって嬉しいプレゼントランキング

もらって嬉しいもの

1位・・お菓子・スィーツ 34%
2位・・アクセサリー
3位・・何でも嬉しい。
4位・・食事や飲みの誘い
5位・・手紙・メッセージ

 

もらって嬉しくないもの

1位・・衣料品(服、下着等)32%
2位・・手紙、メッセージ
3位・・化粧品、スキンケア用品
4位・・お菓子、スィーツ
5位・・食事、飲みの誘い

 

衣料品に関しては自分のこだわり、好みが強いものだから、趣味に合わないものをもらいたくないということなのでしょうか。化粧品もその人のこだわりがあるから、プレゼントとして選ぶのはむずかしいのでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.