「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

七夕の由来とは?なぜ笹に飾りつけをするの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

7月7日は七夕ですね。

七夕伝説といえば、おりひめとひこぼしが1年に一度会える日ということはよく知られていますが、くわしい由来が何なのかご存じでしょうか?また、なぜ笹に飾りつけをするのかも気になりますよね。

そこで今回は七夕の由来と七夕飾りについて調べてみましたので紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

七夕の由来とは?

おりひめとひこぼし

これは中国からの由来が起源とされています。

おりひめは織女(しゅくじょ)星と呼ばれる琴座のベガ。

一方ひこぼしは牽牛(けんぎゅう)星と呼ばれる鷲座のアルタイル。

織女星は縫製の仕事、牽牛星は農業を司る星なのですが、この2つの星が1年に1度、7月7日に天の川を挟んで最も光り輝くことから、7月7日がめぐり合いの日とされたようですね。

伝説ではおりひめとひこぼしはとても働き者でしたが、夫婦となった途端に仕事をしなくなってしまったため、怒ったおりひめの父(神)によって引き裂かれ、1年に一度しか会えなくなったということです。

あれ?ロマンチックな話じゃないのですか?

 

乞巧奠(きこうでん)

こちらも中国の行事から来ています。

「乞」は願う、「巧」は巧みに上達する、「奠」はまつるという意味があるのですが、7月7日の織女星にあやかり、裁縫や縫製が上達するようお祈りをする風習が生まれたということです。

これがいつしか芸事や書道の上達も願うようになり、さらに様々な願い事をするようになっていったのですね。

 

棚機(たなばた)という神事

日本の禊ぎの行事となっています。

これは秋の豊作を願ったり災厄を祓ったりするため、神に衣を織ってささげるというもの。水辺の機屋にこもり、衣を織る乙女のことを「棚機女(たなばたつめ)」、衣を織る織り機は「棚機(たなばた)」と呼ばれていました。これはお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われていたということです。

これら中国の風習や伝説、日本の行事などが合わさって、現在の「七夕」が生まれたのですね。実に奥が深いです!

 

【スポンサーリンク】

 

七夕飾りとは?

七夕飾り

皆さんも短冊に願い事を書いて笹の葉につるしましたよね。
でもなぜ笹の葉?

実は笹の葉には、神を迎えたり災厄を水に流したりといった役目があったのです。

とても根強く、寒暖にも強いということで神聖なものとされていたのですね。
短冊に願い事を書き、笹の葉に吊るす現在の七夕飾りが生まれたのは江戸時代に入ってからのこと。
これは寺子屋で学ぶ者や手習いをする者が増えたため、星に上達を願うようになったのですね。

 

それでは七夕飾りに使われる物の意味をご紹介します。

五色の短冊
青(木)・赤(火)・黄(土)・白(金)・黒(水)。

これは中国の陰陽五行説から来ています。
「この世のすべてのものの根源である」ということですね。

折り鶴
長寿のシンボルでもある鶴を折り、長生きできるよう願う。

紙衣(かみこ)
裁縫が上達するように、また着る物に困らない、災いを人形に移すという意味がある。

財布
金運上昇を願う。
なんと本物の財布を吊るす場合もあるとか!

投網
豊年豊作大漁を願う。
何重にも折ってハサミを入れた後、折り紙を開く時はワクワクしますね!

吹き流し
おりひめの織糸を象徴している。

くずかご
清潔や節約を心掛ける。ものを粗末にしないため、七夕飾りを作った後に出るゴミを入れて吊るす。

 

七夕飾りは前日の6日の夜に飾り、7日の夜には取り外すというのが一般的のようですね。
処分方法はさすがに川に流すというわけにはいきませんから、小さく切ってごみの日に出すことをオススメします。(ああ現実的…)

 

【スポンサーリンク】

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.