「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

七五三のお祝いの時期・お参りはいつがいい?

 
七五三 女の子
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

子供の健やかな成長を祝う七五三。
子供の年齢が近づいてくると、そろそろかなと考え始めますよね。

3歳、5歳、7歳で祝うのはわかるけれど、日本には古くから伝わる「数え年」という年齢の数え方があります。
生まれた年を1歳とする数え方です。いつ祝えばいいのかと迷ってしまいますよね。

そこで今回は七五三のお祝いの時期や、お参りはいつがいいのか調べてみましたので紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

七五三のお祝いの時期とは?男女で違う?

七五三の起源はなんと平安時代からだといわれています。

当時は病気や飢餓などで子供の死亡率が高く、7歳まではまだ人間として一人前になっていないと考えられていたため、3~7歳に健康を祈願するようになっていったのですね。

3、5、7の年齢ごとに儀式が定まってきたのは江戸時代のことで、「七五三」という言葉が使われるようになったのは明治に入ってからだそうですよ。

お祝いの時期

男の子は3歳・5歳(ただし地域によっては3歳のお祝いをしないことも)

女の子は3歳・7歳

以上のようになっており、年齢は満年齢でも数え年でもどちらでも良いということになります。

数え年とは産まれた年を1歳と数え、正月が来ると1つ年をとるので、12月生まれの子供が3歳のお祝いをするには1歳11ヵ月に行うことになるのですね。

それはちょっと早すぎるなと感じられたら、満年齢をオススメします。
また、早生まれの場合も満年齢でしても数え年で同級生たちと一緒にしてもどちらを選んでもOK。
お子様の成長を見ながら、ぜひ良い時期を選んであげてくださいね。

 

【スポンサーリンク】

 

七五三のお参りはいつ行けばいいの?

七五三 神社

七五三のお参りは近所の神社や氏神様でご祈祷をしてもらうのが一般的です。
七五三は11月15日ということになっていますが、必ずしも11月15日でなくても大丈夫です。
平日のことも多いですし。七五三だからといって祝日にはなっていないのです。

15日前後の土日は非常に混み合いますから、10月~11月の間で良い日を選ばれるといいかと思います。
ちなみに私は10月末に近所の神社に出向きました。

一方で着物姿の写真撮影だけ済ませて神社にお参りに行かないという方もいるようです。
また、ご祈祷しないでお参りだけというケースも。

それぞれ家庭の事情もありますからどんなお祝いの仕方を選ばれてもOKなのですが、ご祈祷までしなくても、せめてお参りだけは一緒に行ってあげてほしいなと思います。

 

さて、女の子は3歳と7歳とお話しましたが、1回だけじゃだめなのかと迷うところです。

私の場合は息子5歳、娘3歳で一緒にお祝いをしましたので、息子は3歳の時はしていません。
娘が7歳になった時はどうしようと考えていますが、これも絶対しなくちゃダメというわけでもないようですね。

本人が「着物着たい!」と言い出せば別ですが。
皆さんもぜひお子様のために良い選択ができますように!

 

【スポンサーリンク】

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.