「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

七草粥を食べる意味・由来やその効果とは?

 
七草 ナズナ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

1月7日は七草粥を食べる風習が昔からありますよね。
通信販売で売られているおせちのセットに、七草粥がついているものもありました。

スーパーでも時期が来ると春の七草がセットになったものが売られますね。

お粥なんて…と思いがちですが、年末年始で無理をしすぎた胃腸のためにはとても良い食べ物なのです。
知らなかったら損をする!そんな七草粥の由来や効果をご紹介します。

 

【スポンサーリンク】

 

七草粥 それは中国からやってきた

中国では前漢時代に、動物や人などを日にちに当てはめて新年の運勢を占うとともに、占いの対象となるものを大切に扱っていました。

1日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀。
7日は人ですね。つまり7日は人を大切にする「人日」の日であったということです。

さらに唐の時代には「人日」の日に、7種類の野菜を入れた汁物「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて立身出世への願いをこめ、無病息災を祈ったとされています。

日本古来には雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習があり、それが「七種菜羹」と結びついて、平安時代には七草粥の原型が出来上がりました。

江戸時代になると幕府が1月7日を「人日の節句」と定め、やがて1月7日に七草粥を食べるという風習が広まっていったのですね。
節句というのは季節の節目の日のことですが、1年に5回あります。

馴染みがあるものは、3月3日の桃の節句と、5月5日の端午の節句ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

覚えていますか?春の七草

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

幼い頃、完璧に覚えて大人達に褒められた記憶がありますが、現在はすっかり忘れてしまっていました。
年月とは残酷なものですね。

 

セリ

「競り勝つ」という意味で縁起が良い。
血液をキレイに保ち、高血圧や動脈硬化の抑制に、整腸効果もある。

 

ナズナ

ペンペン草とも呼ばれる。
ビタミンKが豊富で骨粗しょう症の改善が期待できる。

 

ゴギョウ

喉の炎症、咳止め、痰きり、むくみなどに効果あり。

 

ハコベラ

「繁栄がはびこる」として縁起が良い。
中国では薬草として親しまれており、止血や鎮痛作用、歯槽膿漏の予防にもなる。

 

ホトケノザ

コオニタビラコというキク科の植物。
整腸作用、高血圧の予防に効果あり。
なお、シソ科のホトケノザは食べられません。

 

スズナ

正式名はカブ。
胃炎、胃潰瘍、便秘、ガンの予防に効果あり。

 

スズシロ

おなじみの野菜、ダイコン。
消化不良、二日酔い、頭痛、発熱、胃炎などに効く。根っこに含まれるジアスターゼが消化を促進してくれる。

 

お分かり頂けたでしょうか。
七草粥は年末年始の暴飲暴食で弱った胃腸を労わってくれる、大変ありがたい食べ物だということですね。

縁起の良い食べ物でもありますから、体の中からスッキリ健康に新年をスタートさせましょう!

 

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.