「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

変なホテルの2号棟が舞浜に!予約の仕方とは

 
ホテル
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

舞浜に変なホテルが出来たんだよ!
「え?なんてホテル?」
変なホテル!
「だから名前は?」
「名前が変なホテルなんだってば!」

というコントのような会話が始まりそうな「変なホテル」のご紹介です。

なんとホテルのスタッフがロボットという不思議なホテル。
ある意味未来的でとっても革新的!

1号棟は長崎県のハウステンボスにあり、「世界発のロボットホテル」としてギネスブックにも認定されています。
そして2017年3月15日には、千葉県浦安市に2号棟「変なホテル2号舞浜東京ベイ」がオープンすることとなりました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

変なホテルとは?フロントではロボットがお出迎え

正式名称は「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」。
1号棟は2015年7月17日に長崎県佐世保市のハウステンボスにてオープンしました。

フロントでは多言語を操る3体のロボットが迎えてくれ、チェックインやチェックアウトなどの手続きをしてくれます。

クロークではロボットアームを伸ばして荷物を預かってくれたり、部屋への移動中、手荷物はポーターロボットが運んでくれたりと、サービスも充実していますね。

お部屋に着くと、鍵の代わりに顔認証がされます。
カバンやポケットから鍵を出すことなく、まさに「顔パス」で自由にお部屋に出入りできるというわけですね。

お部屋には会話もできる可愛らしいロボットもいるそうですよ。
人間の従業員ももちろん24時間常駐していますが、ほとんど見かけることはないそうです。

現在ハウステンボスの「変なホテル」では開業時に30名いた従業員も、現在はコスト削減に成功し、10名程にまで減っているとか。

 

【スポンサーリンク】

 

どんなロボット達と出会えるのか?変なホテル2号舞浜東京ベイ

変なホテル ティラノサウルス

2017年3月15日にTDL近くにオープンした変なホテル2号店。

フロントで出迎えてくれるロボットはユニーク!!あの映画ジュラシックワールドでおなじみのティラノサウルス。
ちょっと怖そうですが、恐竜好きにはたまらないでしょう。

ハウステンボスの1号棟では16種182台のロボット達が働いています。
舞浜店は9種140台程度のロボットが働いています。

お部屋は全100室。ツイン50室、トリプル40室、デラックストリプル8室、コンフォートツイン2室となっており、ホテル内は全館禁煙となっています。

 

予約はオンラインで簡単に

予約は各旅行会社のサイトからも行えますし、変なホテルのオフィシャルサイトからも簡単にできます。
まだまだ空室はたくさんありますから、興味のある方はぜひ予約してみてはいかがでしょうか?

舞浜には東京ディズニーリゾートもありますから、まさに夢の国と近未来の競演といった感じですね。
外国人観光客も多いですし、多言語を話せるロボットは重宝されることだと思います。
新感覚のホテル空間を味わってみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.