「ちょっと知りたい」「概要だけでいい」1分で読める雑学サイト!

こどもの日にちまきや柏餅を食べる意味とは?

 
子供の日 イラスト1
この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

 

5月5日は「こどもの日」。
こどもの健やかな成長を祝う日でもあり、ゴールデンウィーク中ではありがたい祝日の1つとなっています。

また、5月5日が近づくとスーパーなどの店頭にはちまきや柏餅が並べられます。

暖かいお茶と一緒に頂くと美味しいんですよね。
でも、なぜちまきや柏餅なのでしょう?

昔から食べていましたが、理由を考えたことはありませんでしたね。
そこでこどもの日にちまきや柏餅を食べる理由を調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

こどもの日の由来とは?

「こどもの日」とは1948年に制定された祝日であり、元は「端午の節句」と呼ばれる季節の節目を祝う五節句の1つです。

「端午」とは月の始めの「午の日」のことを指しますが、「午(ご)」が「五(ご)」に通じることから毎月5日をそう呼ぶようになり、やがて5月5日が「端午の節句」と呼ばれるようになりました。

「端午の節句」とは元々中国から渡ってきたもので、日本には奈良時代に伝わり、香気の強い菖蒲やよもぎを使って厄払いを行っていたそうです。

やがて薬草を摘んで邪気を祓うといった宮廷行事は時代とともに廃れてゆき、武士の間では武道を重んじるという意味の「尚武」と「菖蒲」をかけて「尚武の日」として祝うようになっていきました。

そして江戸時代には5月5日が重要な式日に定められ、将軍にお祝いをするようになったのです。
その武士の流れをくみ、武者人形を飾るなどして現在の「男の子のお祝いをする日」となっていったそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

こどもの日 ちまきや柏餅を食べる意味

関西ではちまき、関東では柏餅が多いとされていますが、これにも理由があるのです。
実はちまきは元々中国から渡ってきたもので、当時の日本の中心は「京」でしたから、つまり関西にまずちまきが広まったということですね。ちまきが5月5日に食べられる理由としては、古い時代の中国の政治家の話が関係してきます。

その昔、屈原(くつげん)という大変な働き者で正義感にあふれた人格者がおりました。

ところが策略によって失脚を余儀なくされ、やがて失意の屈原は汨羅(べきら)という川に身投げをすることに。
それを知った国民は嘆き悲しみ、せめて屈原の遺体が魚に食べられないようにと太鼓を叩き、ちまきを投げ込んだのです。

これがきっかけとなり、中国では屈原が亡くなった5月5日に厄除けのためにちまきを食べる風習が生まれたということです。

 

一方、柏餅は日本独自に生まれた風習なのです。
柏は古くから「神が宿る木」とされており、神社や神棚に排する時に打つ「柏手(かしわで」もここから来ているのです。
柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため、子が生まれて大きく育つまで親は死なないということからとても縁起が良いものとなっています。

そうして江戸時代には柏餅が端午の節句に食べられるようになったというわけですね。
日本の中心が京から関東へと移るとともに、武家文化が庶民に浸透してゆき、結果現在の端午の節句(こどもの日)とつながるわけです。

実に奥が深いですね。
5月5日にはちまきや柏餅をじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバウト雑学編集部
アバウト雑学では主婦ライターの方々が活躍をしています。 専門性を追求するよりも日々の生活の中で『ちょっと知っておきたい』『小ネタが増える』お手伝いがしたいというメディアです。 雑学がメインですが、主婦・母親としての体験なども織り混ぜて親しみやすさを心掛けております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アバウト雑学 , 2017 All Rights Reserved.